皆様は、テレビドラマ「ダンダリン-労働基準監督官」はご覧になっていますか? 1部セミナーではズバリ「もし、労基署が来たらどうする??」というテーマです。 経営者様、人事の方は必見です!! 2部セミナーは、これも話題の「相続」についてです。 再来年からは、これまで相続に関係のなかった方も他人事ではありません。 資産を渡す親も、受け継ぐ子も必見です!!

 ・第1部 社労士・上村美由紀による 「止まらない未払い残業請求~あなたの会社もブラック企業?!」 ~未払い残業代請求対策セミナー~ 監督指導により支払われた割増賃金の合計額は、146億円 1企業当たりの平均額1,113万円 労働者1人当たり12万円 (平成23年度調査) 労働監督署が来た!! 注意すべきNG対応と監督官のホンネ 世代交代は要注意 労務トラブルに巻き込まれるのは経営者が交代した会社が多い!! 

本セミナーでは、受託会社200社(うち上場会社10社)のトラブル解決実績をもとに、よくあるトラブル事例と

その有効な解決方法について経営者のみなさまに伝授します。

当日のセミナー特典として、30分間の無料コンサル付の、就業規則無料診断のお申込みを受付いたします。   ・第2部 有限会社ディアマンテ濱野佑香による

『大相続時代に向けて 手遅れになる前に相続対策を!』

 

  ◆2015年より相続税が大増税になることをご存知ですか?

 ◆なぜ生命保険が相続対策に使えるのか?

 ◆法人における自社株問題、事業承継

 ◆社長個人から会社への貸付金、他人の連帯保証などは要注意!!

 ◆相続に使える保険・使えない保険

  何十年も贈与と信じてきたのに? 預金の名義変更には要注意!!

 2015年より相続税法が改正になり、これにより相続税の負担が増える方が続出します。

このニュースをご存知の方は多いかと思いますが、 ・一体何がどう変わるのか? ・実際に自分にどう影響するのか? をご存知ですか? 相続対策、事業承継対策は考えるのに「早すぎる」

ことはありません。

実際に現代の日本では、家庭裁判所での相続関連の相談は約18万件10年前の2倍に増えています。 そのほとんどが兄弟や親族による分割争いで、対策が不十分または手遅れによる結果です。 また、相続では、プラスの資産(現金・土地など)だけでなく、マイナスの資産(借金などの債務)も次世代が

受け継ぐことになります。 通常の債務はもちろんですが社長個人から会社への貸付金、他人への連帯債務(連帯保証)などを

軽視すると、後々大きなトラブルに発展することが多々あります。 本セミナーではトラブルを次世代に残さないために、様々な相続事例・トラブル案件・有効な対策をご紹介させて

いただきます。

-------------------------------------------------

 【日 時】 12月 10日(火)14:30~17:20(受付14:15)

       ・第1部14:30~15:30  質疑応答15:30~15:50

        (休憩10分)

       ・第2部16:00~17:00  質疑応答17:00~17:20

 

【場 所】小林労務セミナールーム

      千代田区麹町2-2 麹町サンライズビル7階

【定 員】20名様限定(先着順)

【参加費】3,000円(お茶・レジュメ・消費税込)

 参加ご希望の方は、下記のURLをクリックして、お申込みください。

http://bit.ly/1iZtCEm

 お問い合わせ先:株式会社小林労務 セミナー事務局

担当:蜂須賀  Tel:03-3261-4911

 お電話のお申込みも受け付けております。