New

【ガッテソ労務】機材を紹介します。

日頃から、ガッテン労務をご覧頂きありがとうございます。

今回は、「ガッテソ労務」と題して、撮影裏話を取り上げていこうと思います。不定期になりますが、こちらもご覧いただけると幸いです。

さて、今回は、撮影や収録に使う機材の一つを紹介したいと思います。


今回紹介する機材は、こちら。

【RODE ロード Wireless GO】

ワイヤレスのマイクシステムです。

写真右側をパソコンとつなぎ、写真左側にピンマイクなどをつなぎます。

パソコンとマイクをワイヤレスでつなぐこの装置、とても音質がクリアで、通信が不安定になることも今のところありません。

動画の収録を始めた当初は、音声の収録に四苦八苦でした。

この機材のおかげで、音声に困ることはほぼほぼなく、
スムーズな収録が実現できました!

さて、また次回も撮影や収録に利用している機材を紹介していきたいと思います。

New

ついに購入しました。

こんにちは。沖縄うるま事務センターの石川です。

最近、座椅子を購入しました。

ソファもありますが、なんだか背もたれとの相性が合わず、、、

 

ずっと座椅子を購入するか悩んでいましたが、
長引くコロナ禍で自宅にいる時間もだいぶ増えているので、
ついに購入を決めました。

ネットでいろいろ検索すると、ソファのようなクッション性があるものや、

背もたれを倒す際に電動で動かせるもの、多種多様にあり、すごく悩みに悩んだ結果、、、、、!

 

背もたれと腰部分のそれぞれでリクライニング設定ができる座椅子を購入しました。

各14段階のリクライニング設定ができるので、計算すると、なんと196パターン!!

とてもリラックスして座ることができ、座る喜びを感じております。

今回調べただけでもたくさんの座椅子がありました。

これから座椅子の可能性はもっともっと広がっていきそうですね(^0^)/~

花で豊かに

初投稿になります、m-nです。
花のサブスクを利用しており、初回の今回はその話です。

1年ぐらい前から「ブルーミー」というのを利用しています。
ブルーミー

ふた親が眠るお墓に備えるため、それ用の花は定期的に買っています。
が自分のためにわざわざ花を買って飾るなんて、そんなガラじゃないし贅沢な
ブルーミーを利用する前は、そう思っていました。

がお墓の花を買うホームセンターの花コーナーのPOPで
気持ちが一変しました。

「何かと気疲れする毎日を、花で豊かにしませんか」

そう、マスクがない消毒液がないと世間が大騒ぎしてた頃でした。
日常がどんどんいろいろ変わっていき、平気なつもりでも無意識に
いろいろなことで神経を使っており
以来、こじんまりとした花を家に置きたいという思いが強くなって。

ブーケみたいなごってりよりも2~3輪(種)のシンプルがいいので
体験コースを2週おきに利用しています。

花に癒される というのは本当だな と実感しています。
家に帰ってきて花を眺めるだけで、気持ちが和らぐんです。

お花屋さんが選ぶ花束なので、季節の変わり目にはそれらしい花が
組み込まれていたり
素人には思いつかない斬新な色の組み合わせの花が届いたりで
箱を開けるのが毎回楽しみです。
そのまま挿せるサイズにあらかじめカットしてはあるのですが
切り口にはツブツブの保湿剤みたいなのが塗ってあるので
それを洗い流し、根元を1cmぐらいキッチンばさみでカットして
100均で買った背高のタンブラーに、添付の栄養剤と水を注ぎ
花を挿すと、気分が上がって変ですがうれしくなります。

というわけで、花パワーに支えられて過ごす毎日です。





心に残ったこと

こんにちはタキザワです。

あって知り合ったお寺の住職さんから、一年に何度か便りが送られてくるのですが、その中に仏様のことばに心のあり方が説かれています。と書かれてありました。心に残ったので紹介します。

差別

「差別」は元々仏教の言葉で「しゃべつ」と読み、「この世に存在するものは多種多様であり、それぞれが独自の存在であること」を意味します。「差別」とは自分と相手の違いを認め敬うことです。一般社会ではそれが自分と違う相手を認めないという否定的な使い方をされるようになってしまいました。本来の意味に則り相手を尊敬すれば、その違いを受け入れお互いに気づき合う存在になれます。

とありました。私自身も読んで、そんな風に考えたことなかったなと思いました。

続・檸檬堂談義

 紫陽花が美しく咲き競う今日この頃です。こんにちは、所長の小林です。

 今回のみゆきの小部屋大賞は、カネシロ・アラカキ・コマツの3名に決めました。

 私の友人は酒蔵(さかぐら)の社長なので、プライベートで飲み明かすときは、18時頃から飲み始め、2次会・3次会と飲み進み、終了時刻は午前0時ころになります。

 酒量は、二人でお銚子20本くらいです。

 そして、最後の締めの飲み物は「上がりはビール」と決めていましたが、コロナ禍が終息し、時間を気にせず飲めるようになったら、「上りは塩レモン」に変更する予定です。

 そんな訳で今日の一枚は、機上から見たIT津梁パークです。
4月の出張の帰り、西風の影響で沖縄本島の東側を通過するコースだったので弊社の沖縄うるま事務センターが良く見えました。

日々の持ち物

こんにちは、Yoです。

毎日の通勤・通学でなくてはならない持ち物と言えばスマホでしょうか?

定期券、買い物の支払いなどスマホ一つで。

ですが、私にとってスマホ以上になくてはならない物、それはメガネです。

スマホやパソコン画面の小さな文字が見づらいのです。

それならずっとメガネをかけていればいいじゃないか、と言われそうですが、

遠くは見えるのです(笑)

不便なのは文字を読むときだけでなく、最近はこんなことも。

書類の三つ折りの端が揃いません。

白いまな板の上で、大根の薄切りからの千切りがやりづらいです。

楽譜が読めません。ソ、なのか、シ、なのか、レなのか・・・。

うっかりメガネを忘れると、仕事になりません。

なので、会社のロッカーには置き傘と合わせて、置きメガネを常備しています。

わたしの守り神 ヘクター君

沖縄の守り神とといえば、
シーサーなんですけど、
数年前からわたしの家にはルイジアナ出身の
ヘクター君という
ワニの剥製の守り神がいます。

捕獲した時に2メートルはあったらしいので、
頭だけでもまぁまぁ迫力はありますね。
泥棒も悪魔も寄せ付けないのは間違いないと思います!笑

まだ獣臭がするので(笑)
休日の晴れた日には
ケースから外に出して
日向ぼっこさせています(^^)

誰もが道路で猫の死骸を見かけるように
ルイジアナでは野生のワニの死骸を見かけることがよくあります。

更に、日本で動物保護団体があるように
ルイジアナではワニの保護団体があり
手足などを失いハンディを負ったワニたちを保護しています。

保護されたワニたちは
野生で生きていけるように1年間程トレーニングをした後
テストに合格したワニたちは野生へ還し

残念ながら合格できなかったワニたちは
出来るだけ苦しまないように殺してあげて
頭の部分だけですが
剝製のお土産としてお店に並ぶのです。

わたしのヘクター君は
ハンディがあったわけではなく、
生粋のネイティブアメリカンである主人の父と主人
2人でハンティングして捕獲したワニです。
頭は剥製としてわたしの家へ、、
体の部分は美味しく食べたようです!

 

ルイジアナへ訪れる機会がありましたら
是非アリゲーターツアーとワニの剝製のお土産を★*

ここぞとばかりに…

こんにちは。従業員Aです。

先日、初めてディズニーランドホテルでランチブッフェを食べに行きました!
ディズニー好きの私としては、前日いや、2.3日前から楽しみでそわそわ笑
前日の夕食、そして当日の朝食をかなり控えめにし、ブッフェに参戦。

おなかが空きすぎて目の前にあるものすべてがキラキラして見えて、この際全種類食べようと意気込み、2時間ぐらい無心で食べ続け…本気のドカ食いをしてしまいました笑

気づいたころには、胃もたれ。
胃薬にお世話になりました笑

おいしさよりも、苦しさを感じながら、 
ディズニーをあとにした そんな1日でした~笑(反省)

ゴルフ⛳

こんにちは、べーです。

先月、誕生日にプレゼントでクラブ一式もらったのがきっかけで、ゴルフをはじめました!

始める前は、当てるだけだから簡単そうだな~とおもっていたのですが、何故か当たらず、、💦
そこにボールがあるのに!!?当たらないことなんてあるのか?と最初は不思議でした笑

コーチに見てもらっているのですが、はじめはクラブを握らせてもらえず、
籠で素振りの練習を何度かすると、、、あたるようになりました!!

籠を渡されたときはクラブで素振りじゃなく籠で素振り?!と半信半疑でやってましたが、
籠の素振りだと、①脇が締まりやすい②まっすぐ下りてくるので体に覚えさせる
という、ちゃんと理にかなった練習法でした!!!(疑ってすみません、、)

やればやるほど奥が深いスポーツで面白いです~
また、経過報告します~!

パンク。。。

こんにちは。オギヨです。

 

なぜか1年に1回、必ず車のタイヤがパンクしてします私…

 

先日、通勤中に車から異音が…

なんだろうと思い路肩に止め確認したところ、なんとまたタイヤがパンク!

1週間前に整備点検から帰ってきたばかりなのに…

焦りながらもGoogleマップで近くのガソリンスタンドを検索し、

修理してもらいました。

ガソリンスタンドのお兄さんが即対応していただいたおかげで遅刻もせず、

無事に出勤することができました。

でも少し気分の乗らない一日でした。

 

家に帰り、家族に出来事を話したところ、

子供たちが「バーストしなくてよかったね」と。

確かにそうだなっと思うと同時に事故にならなくてよかったなっと思いました。

 

おわり