◇衣替え◇

こんにちは、コイケです。

衣替えの季節です。9月の半ばまでは、まだ長袖は暑いから着たくない…と思っていましたが、

だんだんと朝晩に冷え込む様になってまいりました。

寒くなるときは急で、快適に過ごしやすい時期は短いものです。

体調を崩しやすい季節ですので、気を付けていきましょう。

第68回◆最近耳にする専門用語、どんな意味?◆

第68回◆最近耳にする専門用語、どんな意味?◆

近年、耳慣れない専門用語が、数多く出現しています。
ここでは、労務関連の最新キーワードを紹介し、その意味を解説したいと思います。
今週のキーワード

『iDeCo』

 


individual defined contribution pension plan の頭文字をとったもので、個人型確定拠出年金の愛称のこと。

近年の改正により、専業主婦や公務員といった従来は加入できなかった方々も、加入できるようになり、より身近な制度となりました。

 


労務相談をもっと身近に、もっとリーズナブルに!
ネットで労務顧問サービス
http://www.netdekomon.jp/ 

 

労務管理に関するトータル的なリーガルサービスをご提供!
労務顧問サービス
http://www.kobayashiroumu.jp/reword/index.html#komon01 

第67回◆出向先での非違行為、出向先で懲戒できる?◆

第67回◆出向先での非違行為、出向先で懲戒できる?◆

人事担当者です。弊社では、グループ企業間で出向による人材交流が頻繁に行われています。先日、弊社からグループ企業A社に出向中のスタッフが、出向先で横領していた事実が発覚しました。
このような場合、懲戒処分は、出向先と出向元の双方で行うことができるのでしょうか。

 


出向労働者は、出向元と出向先の双方に雇用関係が存在します。そのため出向先と出向元の双方が懲戒処分を行うことは可能と考えられます。
ただし、出向元は、出向労働者に関する身分に関する人事権を有しますが、出向先では、出向先の就業規則に従い勤務する範囲での人事権にとどまるため、懲戒解雇や諭旨退職といった労働者の身分に関わる懲戒処分を行うことはできません。

なお、就業規則の適用範囲を出向契約の中で限定している場合も多くあります。このような場合、懲戒処分の根拠となる出向先の懲戒に関する規程が適用されない場合もありますので注意が必要です。

 


労務相談をもっと身近に、もっとリーズナブルに!
ネットで労務顧問サービス
http://www.netdekomon.jp/ 

 

労務管理に関するトータル的なリーガルサービスをご提供!
労務顧問サービス
http://www.kobayashiroumu.jp/reword/index.html#komon01 

第66回◆最近耳にする専門用語、どんな意味?◆

第66回◆最近耳にする専門用語、どんな意味?◆

近年、耳慣れない専門用語が、数多く出現しています。
ここでは、労務関連の最新キーワードを紹介し、その意味を解説したいと思います。
今週のキーワード

『HR tech』

 


人事・人材を意味するHuman Resourceの頭文字とTechnologyを掛け合わせた造語。
AI(人工知能)やクラウドなど最新のIT技術を活用して、採用・評価・給与計算等の人事関連業務を行う手法を言います。
この手法は日本企業においても導入事例が増加しており、人事関連業務の改善と効率化を目指す手段として注目を集めています。


労務相談をもっと身近に、もっとリーズナブルに!
ネットで労務顧問サービス
http://www.netdekomon.jp/

 

労務管理に関するトータル的なリーガルサービスをご提供!
労務顧問サービス
http://www.kobayashiroumu.jp/reword/index.html#komon01