小林労務の取り組み

より良いサービスは、私たちの職場内においてもより良い職場環境づくりを行うことから生まれると考えます。働きやすい職場を目指す小林労務の、主に社内の取組みをご紹介します。
少しでも整った職場環境を体感することで、より現実味を帯びた人事労務コンサルやアドバイスを行えるよう日々取り組んでいます。

生産性向上と残業ゼロ

平成25年より、残業ゼロの取組みを実施しています。
生産性を向上させるため、社会保険労働保険手続を従来の紙申請から電子申請に切り替えました。それにより、前年に比べて残業は85%削減されたにもかかわらず、売上は20%増(平成26年度実績)を達成しております。
これにより平成26年度東京ワークライフバランス長時間労働削減取組部門の認定企業にも選ばれました。
また、この取組みを全国の企業へ少しでも広めるため、電子申請ソフト(「e-asy電子申請.com」)を自社開発、販売をしています。
現在も、残業ゼロの取組みを実施中です。

生産性向上と残業ゼロ

有給休暇取得率

小林労務の有給休暇取得率は 直近3年間で約85% です。
有給休暇を取りやすい職場環境づくりをすすめ、前もって休暇を考慮した上でスケジュール作成をしております。また、有給休暇とリフレッシュ休暇等を組み合わせた14日以上の連続休暇についても推奨しています。

育児休業取得率

小林労務は、「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けています。
女性の育児休業取得率は 100%(延べ7人) です。また、男性の育児休業取得者実績もあります。

在宅勤務制度の導入

育児や介護をしやすい職場環境づくりの一環として、在宅勤務を導入しております。在宅勤務を導入する際には規程や申請書類等のソフト面を整備すること、インターネット環境構築やパソコン等の新たな購入等ハード面の整備をおこないました。
これらの経費は東京都の助成金(100万円)を活用することでスムーズに導入することができました。

短時間正社員制度導入

育児や介護で時短勤務をせざるを得ない社員だけでなく、自己啓発等で学校に通って資格の勉強をしたり、ボランティアをしたり、いつでも短時間正社員への転換が可能です。
また、育児短時間勤務は、小学校3年生まで利用することができます。

サービスの見える化

“ネットde労務顧問”に始まり、“あんしんパックシリーズ”など、よりわかりやすく導入しやすいパック商品を積極的に開発しています。
また、これらにより企業の知名度向上も目指しております。