産業医サポートあんしんパック

産業医サポートあんしんパックはメンタルヘルスケアにおけるワンストップサービスです

産業医の役割

健康リスクを抱えた社員の洗い出し

毎年の定期健康診断が終わったら、結果を産業医に見せていますか? 健診センターから送られてくる数値は、あくまでも検査の結果です。 それに基づく就労判定が、労働安全衛生法で定められており、それを行うのは産業医の重要な仕事です。

人事部門の相談相手になる

昨今、判断の難しいメンタル不調者などが増加していますが、休職、復職の判断や、主治医とのやりとり、就労に関するアドバイスなど、人事部門の相談や依頼に応えてくれる頼もしいドクターが理想です。

健康管理戦略の柱となる

従業員の健康管理は、経営計画や人事戦略に基づくものであり、それをサポートするのが産業医です。定期健康診断の結果から全社的な傾向やリスクを判断し、行うべき対策を企業に助言できるドクターであれば言うことなしです。

産業医サポートあんしんパックなら

臨床経験豊かな精神科医が対応
メンタルヘルスに精通した精神科医が、貴社の安全衛生と、従業員の健康管理をサポートします。

衛生委員会のスケジュール・議事録など
労務管理の専門家「社会保険労務士」がサポート。
衛生委員会の運用を支援します。

分かりやすい価格設定
月一度、2時間の訪問の基本プランがワンプライス。

基本プラン 〜産業医のサービス内容〜

衛生委員会

衛生委員会出席

毎月の衛生委員会に出席し、産業医として労働衛生に関するアドバイスを行います。

衛生委員会議事録作成

毎月、衛生委員会の議事録を作成し捺印します。

衛生委員会スケジュール組立アドバイス

毎月の衛生委員会の議題についてアドバイスをいたします。

面談

過重労働者との面談

過重労働や過度なストレスは精神疾患や脳・心臓疾患発症との関連性が強いと考えられています。 産業医による面接指導を行います。

休職者・復職者面談

メンタルヘルス不調者に対する面談や、休職復職判定面談、復職後の フォロー面談等を行います。

健康診断事後面談

健康診断結果を確認し、必要があれば受診を勧奨したり保健指導を行います。

研修

企業内研修

管理職向けのメンタルヘルス対策研修、従業員向けの健康セミナーなどを行います。

産業医契約は法令で定められています

従業員が50名以上の事業場は、それぞれで産業医契約をしていなければ、違反となります。義務の発生した日から数えて14日以内に選任し、遅滞なく管轄の労基署に届けることとなっています。法令に違反した場合、また選任はしたものの必要な業務を産業医に行わせていなかった場合、50万円以下の罰金が科せられます。


お申込みお問い合わせはこちら