メンタルヘルス健康管理サポート

平成27年12月から、従業員数50人以上の事業場にストレスチェックが義務化され、企業にとってメンタルヘルス対策はますます喫緊の課題といえます。しかしながら、実際にメンタルヘルス不調またはそれと疑われる社員とのコミュニケーションは、医師ではない管理職や人事労務担当者にとって、非常に悩ましい問題ではないでしょうか。
こういった企業のお悩みをトータル的にサポートするため、当社では精神科医が週に一度常駐し、労務管理だけではなく、労働衛生の観点からも企業を全面的にバックアップいたします。

受託例

商社(継続契約)

事業場50人を超えたため、産業医を探したい

産業医契約 月額3万円 日当5万円
ストレスチェック 年1回 初期導入10万円(次年度以降半額)
ストレスチェック370円/人 ストレスチェック後の面談(産業医日当に含む)
毎月1回、定期訪問時に、衛生委員会に参加
衛生委員会の立上げメンバーの選定から関わる
衛生委員会の議題案をご提示し、毎月衛生委員会を進める
また、産業医の巡視時に気が付いたことを衛生委員会のテーマとして取り上げることもあった
進めていくうちに、半年後には企業が自ら委員会を進めていけるようになった
ストレスチェックはWEBにて行い、1人面談希望が出たため、産業医が面談を行った

IT企業(スポット契約)

復職者面談 3万円 / 1名
ご来社いただき産業医ルームにて面談
報告書作成

メンタルヘルス不調による休職者を抱える休職者が復職する前の面談を行い、産業医としての意見を報告書にまとめる
2名が、産業医のアドバイスをもとに復職

メーカー(スポット契約)

管理職相談 8万円 / 半日
貴社に訪問し、管理職向けメンタルヘルス相談

工場勤務のメンタルヘルス不調による長期休業者を複数人抱える管理職者に向けての相談・アドバイス
定期的に管理職者が集まり、個別に産業医に、部下や同僚の不調者に対する対応について相談し、アドバイスをお伝えする